メニュー

ジョン・レノン

[2018.12.16]

12月8日はジョンレノンの38回目の命日でした。 彼の所属していたビートルズは、当時一斉を風靡したスーパーバンドでした。彼らが来日した1965年、残念ながらコンサートへは行けなかったのですが、以降かなり入れ込んだファンの一人として、「イエスタデイ」や「イエローサブマリン」などよく口ずさんだものです。ジョンはビートルズ解散後もソロとして音楽活動を続ける一方、平和活動へものめり込むなどその発言は注目されていました。 そうした中でリリースされた「イマジン」は私の最も好きが曲の一つとなっています。そんなジョンが1980年12月自宅前で凶弾に倒れたとのニュースを聞いた時の驚きは、その20年近く前にケネディー大統領が暗殺された映像(日本にも同時中継されていました)を見た時の衝撃に匹敵するものだったと記憶しています。

自由の国アメリカは残念ながら銃による犯罪が後を絶ちません。今年に入ってからも、高校や集会所での無差別銃乱射事件が頻発していますが、現大統領が銃規制におよび腰なのが残念でなりません。ただそんな中で、高校生など若い人たちが、反対の声を上げている事は、新しい流れとして注目し、応援していきたいと思っています。(写真:ダコタハウス:1980年12月ダコタハウスこのマンションの玄関でジョンは凶弾に倒れました。)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME