メニュー

自家がんワクチン療法について

「自家がんワクチン療法」は、セルメディシン株式会社社長大野忠夫博士が開発した癌の特異的免疫療法の一つです。当クリニックでは、セルメディシン社の技術供与の基に本療法を実施しております。

本療法は、患者様御自身の癌細胞を識別し,攻撃するキラーT細胞を体の中で誘導し、活性化して、癌細胞を殺そうという治療法です。
癌はそれぞれ個性があり、同じ人間から発生した癌であっても、例えば、肺癌細胞と胃癌細胞は異なった顔つきをしています。更に同じ肺癌でも、患者様ご自身の肺癌細胞と他の患者様の肺癌細胞は異なっています。このような多様性のある癌細胞を、識別して攻撃するキラーT細胞を誘導することは、通常は非常に大変な作業が必要です。一般的には手術で切除した患者様ご自身の癌細胞を生きたまま培養し、これを基に患者様の血液から採ったリンパ球を培養してキラーT細胞を誘導しなければなりません。 そのためこの方法では、手術の前にあらかじめ癌細胞を培養する準備が必要となります。 しかしこうした複雑な治療法に協力的な大病院はほとんどないのが現状です。 
「自家がんワクチン療法」の画期的なところは、手術で切除され、ホルマリン漬けになった患者様ご自身の癌組織や、パラフィンの中に固定されてしまった癌組織でも使うとこができることであり、更には、キラーT細胞を患者様ご自身の体の中で、誘導できることです。

申し込みおよびワクチン療法実施の可否について

この療法についてお申し込みをされる患者様について

手術により採取された癌組織(ホルマリン漬け組織か、パラフィン包埋ブロック。癌組織として2g以上あるもの)が必要となります。また必須ではありませんが、それまでの経過を把握させて頂くために、手術前後の諸検査(病理診断、レントゲン写真、血液検査等)および最近の検査結果のコピーをご持参ください。こうしたデータを基に、ワクチン療法実施のに関わる追加検査を実施します。こうした諸検査の結果、当クリニックにて本ワクチン療法が実施できると判断した場合にワクチン投与可能な患者様として登録いたします。

本ワクチンは強力な免疫増強作用があるため、活動性の自己免疫疾患(関節リウマチ、膠原病、間質性肺炎等)をお持ちの患者様は対象とはなりません。

お預かりした癌組織は、セルメディシン社でワクチンとして下準備をした後に、当クリニックの無菌操作装置の中で最終調整されます。

接種方法の概略および副作用について

 ワクチンは通常、肩に近い場所(上腕)の外側の皮内(皮膚表面に近い部分)に、1回につき5〜6箇所に分けて接種します。接種した部分は軽度の腫れが数日から1〜2週間持続しますが、これは癌細胞を異物として体の免疫細胞に覚えさせる際の正常な反応で、この反応に続いて癌を攻撃するキラーT細胞が誘導されるわけです。この操作を原則2週間間隔で3回を1クールとして実施します(写真)。副作用に関しては、前述の腫れによる軽度の痛みや痒み、微熱、ワクチン接種痕倦怠感などで、特別な処置は必要ありません。また、2000人以上の患者様に投与されましたが、血圧低下や、ショックなどの重篤は副作用は全くありませんでした。

詳細はセルメディシン株式会社のホームページをご覧ください。

 

料金表(税込)

   
   1コースのみ              138万円
    内容
     ワクチン接種前皮内反応
     ワクチン接種(3回)
     ワクチン接種後皮内反応
     当クリニック内で実施する諸検査

   2,3コース目(各コース)       29万円
    (1コース目と同時に2,3コース目の
     ワクチンを作製した場合に限ります

詳細はクリニックまでお問い合わせください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME